どちらを選択すべきか

並べられた紙幣

子供の教育にかかる費用の捻出に困ったときに多くの方が思い浮かべるのが、教育ローンと奨学金の二種類ではないでしょうか。国から教育ローンを借りるのも、奨学金も借りるのも、どちらも公的ね制度です。そのために、この二つをごっちゃに考える方が多いんです。ですが、教育ローンと奨学金にはさまざまな違いがあります。それをしっかりと理解した上で選択する必要があります。
まず一番大きな違いは、誰がお金を借りかということにあるでしょう。教育ローンは、親が国や銀行に教育に必要なお金を借りるものです。もちろん、返済も親が行っていくことになります。ですが、奨学金は親が借りるものではありません。教育を受ける本人が借りることになります。ですから、返済は子供自身が行うことになります。但し、返済は卒業後からとなっています。
また、教育ローンと奨学金ではお金の受け取り方も大きく違います。教育ローンの場合は、全額を一括で受け取ることになります。ですが、奨学金に関しては月ごとに分けて受け取ることになります。
教育ローンの審査が通る世帯であれば、親が教育費を出してあげるのがいいでしょう。ですが、教育ローンの審査が通らない世帯も多くあります。そういった場合は、子供本人が奨学金を借りる方法を選ぶしかないでしょう。
教育ローンか奨学金のどちらを選ぶべきかというのは、世帯の経済状況で大きく決まってくるでしょう。家族でよく話合った上で決めるようにするのがいいでしょう。